見るべきものはいま!

自分自身とどんな会話がなされているか意識したことはあるでしょうか?することがいっぱいでちっとも進まない。この先自分の将来はどうなるのだろう?どうせうまくはずがない、したいことはあるけど失敗したら怖いな。。。前にやってみたときもうまくいかなかったし。。。

大丈夫!焦点を変えるだけで、見える景色がガラリと変わります。

嬉しい・楽しいことに目を向けよう

未来がどうなるかだれもわかりません。わたしのいますきなこの仕事も3年後しているかどうかわかりません。もっと面白い仕事を見つけて違うことをしているかもしれません。

将来○○になったらどうしようという不安は、いま現実に起きているでしょうか? おそらく起きていないと思います。。。ひとは不安を感じたり、不安を焦点にあてていれば、不安になる材料が目に飛び込むようになります。その逆になにか楽しいことがないかなとウキウキしていると、あなたの楽しいと思える材料、情報が目に飛び込んできます。つまり、なにに焦点をあてるかで、あなたの目の中に飛び込んでくるもの、頭のなかに浮かぶ内容が変わります。ほんとうはどんな気持ちで過ごしたいですか?だれでも毎日を気分よく過ごしたいと思います。わたしも毎日気分よく、すがすがしい気持ちで過ごしたいです。それができるとても簡単な方法があります。

やっぱり今を生きる

あなたがいまできることはそれはいまを生きること

今に焦点をあてて生きる

過去でもなければ未来でもなく、いまです。わたしたちが「い・ま」と声に出す瞬間に一刻一刻と時は過ぎ去り、その「いま」はもうすでに過去になっています。

いまを生きるとは、いまあなたが感じていること、あなたはいまどんな気持ちでしょうか?嬉しい気持ちならば、そのままその嬉しい気持ちを味わう、外で空気を吸って気持ちよかったら、思いっきりその気持ちよさを味わう。悲しい気持ちだったら泣くことを自分に許しを与えて泣き、不安だったら、不安を感じている自分をそのまま受け止める。焦っていたらもしかしたら、自分は誰かと比べているのかな?とじぶんを観察してみたり、いまのこころの状態をこんな自分じゃダメだと否定するのではなく、ありのまま受け止めてみましょう

ありのままなんて無理!と思うひともいるかもしれません。頑張って受け入れようとする必要はありません。これは練習のみです。いま受け入れられない自分がいてもいい。少しずつでも、あなたの見たくない自分も「わたしの一部」として、受け入れる練習をしてみましょう。毎日のちいさな積み重ねがじぶんを作っていく。これ続けていくと、自分を責めることやこんな自分はダメと罰することが減ります。

嬉しい・楽しい気持ちをストックしよう!

嬉しい・楽しいの気持ちを強化するとっておきの方法は書くことです。なぜ書くことが有効なのでしょうか?樺沢紫苑著書アウトプット大全によると、

※「書く」ことのほうが話すことに比べて、圧倒的に記憶に残りやすい。「書く」だけで、脳は書いた内容に対して集中力を高め、積極的に収集はじめる とあります。

つまり、楽しい・嬉しいことを書けば、嬉しい・楽しいを見つけられるようになり、それを続けることでどんどんその気持ちが強化されるということです。落ち込む日があってもいい、それでもわたしは嬉しい・楽しい・しあわせなことに焦点をあてて生きることを選びます。あなたはどうですか?

まとめ

♡なにに焦点をあてるかで、見えるものが変わる。

♡いまを焦点にあてる

♡嬉しい・楽しい・シアワセを紙に書く

♡毎日のちいさな積み重ねがじぶんを作る

※引用文献 樺沢紫苑 学びを結果に変えるアウトプット大全P.114,115

最後までお読みくださりありがとうございました。あなたのいっぽを応援しています。

次の記事

再開します!