モヤモヤは自分を動かすチャンス

人のことが羨ましく感じることはありますか?自分より先を行っている人を見て、モヤモヤ。。。あの人はいいな~それに比べて自分は。。。わたしも羨ましく感じること、もちろんあります!けれども、このモヤモヤは実はすごいものが隠されています。 モヤモヤは一見ネガティブに見えますが、ポジティブな要素もあります。

同じものを自分も持っていることに気づく

この人素敵だな、憧れるひとはいますか?私も彼女みたいになってみたい。ムリだろうな。でもやっぱり素敵だよね。。。こんな風にグルグルしている人に知ってほしいことがあります。それは

憧れはあなたにも持っている要素だから憧れるということ

つまり、あなたが思う素敵をあなたはすでに持っている。自分で気がついていないだけです。たとえば、ファッション。街を歩いていて、つい洋服屋さんについ目がいったり、あの色の組み合わせがオシャレだなと気がついたりする人は、そのオシャレの要素を持っています。オシャレの要素がない人は、たとえ誰もが認める素敵なファッションを身をまとう人が通り過ぎても、気がつくことができません。素通りです。その人にはオシャレセンサーもなければ、オシャレに敏感な要素がないからです。食べることが好きな人は、新しいレストランの情報に詳しい人が多いです。美味しいものを見つけたいというセンサーが働いています。だからすぐに食べものの広告に目がいったり、情報が入ります。食に興味のない人は、グルメ情報なんて見向きもしない。素通りです。だから、誰かを見ていいなと思ったらわたしの中にもその要素があると思ってください。

では、憧れを持ちながらもなぜモヤモヤするのでしょう?

そのギャップを利用しよう!

モヤモヤするのは、今の自分と未来になりたい自分にギャップがあるから。言い換えると、あなたの中に私もなってみたいという強い思いが隠されているのです。ほんとうの気持ちはあんな風になりたい!と実はウズウズしているのかもしれません。でもまだそこに到達していないので、モヤモヤという形であなたに知らせてくれています。こころの奥底ではその思いを叶えてほしいと言っています。そのモヤモヤを解放させてあげましょう。ずっとモヤモヤを持ち続けていると疲れます。ほかにもすることがあるのに、モヤモヤがあることで、ほかにすることがあるにも関わらず、すべての行動のペースダウンを引き起こします。解放させるには「行動」しかありません。行動を起こすことで、今よりずっと楽な状態が生まれます。「行動」と聞いてどんな気持ちがしましたか?ビックジャンプ?本当にわたしはできるのかしら?こんな風に大げさにとらえてしまったり、大きく考えてしまう人もいるかもしれません。大丈夫。小さな行動でいいのです。

歩みには段階がある

憧れるあの人にも、最初からいまの輝かしい状態があったわけではありません。これはどんな人にも言えることです。ステップを踏んでいまの状態があります。憧れの人にも紆余曲折しながらいまを歩んでいます。どうしようと迷いが生じてしまう人に、3つのステップを提案します。

ステップ1:嬉しい・楽しいことに目を向ける

ステップ2:小さなことから始める いまの自分でできることを探す そしてそれを実践する

ステップ3:アウトプットする ステップ2の嬉しかったこと・楽しかったことを誰かに話したり紙に書く 実際に行動をしてみて、どんな気持ちだったかを誰かに話す、またはノートに書く

この3ステップを続けるとどうなるか?自分はどんなことが好きで、どんなことにトキメいているのかが見えてきます。繰り返しやっていくのがポイントです。

まとめ

♡羨ましさにはポジティブな要素がある

♡憧れはあなたにも持っている要素だから憧れる

♡いまの自分となりたいほんとうの自分との間のギャップに気づく

♡3つのステップを毎日実践する

憧れは憧れ。ねたましく思う自分がいてもよいのです。羨ましい、いいなと思うエネルギーをそのままにせず、いまの自分でなにができるか探すエネルギーに変換してみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうござました。あなたのいっぽを応援しています。

次の記事

見るべきものはいま!