答えさがしの旅は終わりにしよう

これでいいのだろうか。。。じぶんの出した答えに迷ってしまう、この答えで合っているのだろうか。。。自分の出した答えに自信が持てない、あるいはこの答えでだいじょうぶという確信がほしいと願うあなたへのメッセージです。

答えはひとつだけではない

世のなかには「これが正解」というものを見つけるのは、なかなか難しいのではないでしょうか。なぜなら、答えはひとつだけではないからです。たとえば同じ質問をすべての人にしても、その答えは人によって異なるし、国や文化によっても違います。同じ日本人に尋ねたとしても、その答えはさまざまでしょう。

わたしは自信のない自分について悩んでいたころ、自信のない自分に毎日じぶんにダメ出しをし、もうどうしたらいいのかわからい時期が何年も続きました。インターネットで色々調べ、「自分に自信がない」という検索からはじまり、「自分が嫌い」、「文化の違い(結婚した初めの3年間、言いたいことをはっきり言う義母が大嫌いでもありました。)」など、とにかくいろいろ調べました。本当にたくさんの情報があって、助けになることもありました。しかし一方で、どれが答えかという視点で見つけようとすると、もうなにがなんだかわからなくり、じぶんが迷子の状態。なぜなら、ひとによって言うことが違うからです。。。

つまり答えはひとの数だけあるということです。だからこれが絶対の答えだ!は存在しない。ではあなたの欲しい答えはいったいどこにあるのでしょうか。

自分の中から答えをみつけよう

答えはあなたのなかにあります。正確に言うと、答えはあなたのなかにあるという考え方もあります。あなたの答えはあなたの本音のなかに隠されています。大事なのはあなたの本音をあなたが気づいてあげて、本音に耳を傾けること。本音を聴きたいときはこの質問が役にたちます。

わたしはどうしたいのだろう?

とあなたのハートに聴いてみてください。もしかして、わたしはこうしたいのかも。。。とふと感じることもあれば、すぐにわからないこともあります。焦らなくてもだいじょうぶ。繰り返しあなたのハートに聴いているうちに、だんだんとあなたの本音に近づいていくことができます。あなたのハートと対話し続けてみてくださいね。

基準は自分の中から作ろう

あなたの本音を聴いて、あなたは本当はどうしたいのかを知る。これが自分の軸を持つはじまりになります。何かを選択するとき、自分が出発点でいくか、他人の意見を出発点でいくか。目的地が同じでも、どこを出発点にするかによって、その道のりはまったく違ったものになります。
それはわかっているけど、どうしたらいいの?という声もありそうですね。。。まずは、自分が出発点とあなたが決める。そう決めた!って口に出してみる。これで「自分が出発点」が完了!これだけでいいのです。あなたの中でなにかが動き出します。

世間、会社の同僚、友だち、家族などみんなの言う「答え」に基準を合わせることから、あなたの本音が基準を決める。答えのない答え合わせをしなくてよいのですから、答えさがしの旅はこれにて終わりにできます。

まとめ

♡答えは人の数だけある

♡答えはあなたの本音の中にある

♡わたしはどうしたい?と、いつでもどこでもハートに聴く

♡じぶんが出発で行く!と決めたとき、答えさがしの旅が終わる

最後までお読みくださりありがとうございました。あなたのいっぽを応援しています。