意外と効果のあったインスタ活用法

インスタはお持ちでしょうか?多くのひとは他人にみせるために使っていると思います。今からご紹介する方法はその正反対で、他人に見せるためではなく、自分のために使ってみる方法です。これはわたしが実際にやってみて効果があった方法です。最近楽しいことがみつからない、面白くないと感じていたのが、このインスタ活用をすることで、「ないない探し」の旅に終止符をうち、「あるある探し」にシフトできるようになります。

テーマはすきなものに囲まれる幸せ

お店で可愛いもの・自分の好みのものをを手にとったり、眺めたりすると嬉しいきもちになりませんか? 可愛いもの・好きなもの・お気に入りのものは眺めるだけでシアワセな気持ちにしてくれます。お家にもシアワセな気持ちにしてくれるモノたちがいるのではないでしょうか。

好きなもの・お気に入りのものありますか? 何度も使っているヘビロテアイテム、旅行で見つけた品、お花、花びん、キーチェーン、ボールペン、お気に入りのかばん、服などなど。見た目は関係ありません。どんなにくたびれたものでも、「わたしはこれが好き」であればいいです。
やり方はいたってシンプル。好きなもの、お気に入りのもの1点を選び、インスタに写真をアップするだけ。

だとしたら、インスタでなくてもよいのではないか?と思う人もいることでしょう。その通りです(笑) けれどもインスタを利用することには理由があります。

インスタ映えというワードがあるように写真の映えを利用します。好きなもの・お気に入りのもの+写真がキレイ このコンビネーションを見てトキメキを感じない人はいないでしょう。インスタに収めた好きなもの・お気に入りを見て、やっぱり可愛いな、素敵!と感じてひとりでニタニタ笑うのが本当の目的です。このニタニタ・ニンマリと自分に微笑むことで、いい気分で過ごすことができます。さらにいいことがあります。

1つ写真をアップすると、ほかに何かないかなと探したくなります。そしてまたインスタにアップ。写真の数を増やしたくなるので、好きなもの・お気に入りのものないかなと探す。こうして好きなもの探しプラス自分に笑顔の旅がスタートします。

その時の気持ちをことばに乗せてみよう

さあ、お気に入りのものをひとつ手にとっている自分。いまどんな思いを巡らせているでしょうか。そこにはあなたと今手にしているものとの間にストーリーがあるのではないでしょうか。たとえば、

これはあの時、あの場所で手にとったんだ。本当は買うつもりなかったけど、忘れられなくて買ったんだった。。。

これは友達からのプレゼントだったっけ?しばらく会っていないけど彼女元気かなあ?久しぶりに連絡してみようかな。

洗ってみたら、ピカピカになって気持ちがいい。どこに飾ろうかな? 

そのときの思いを巡らすだけでもいいし、出てきたことばを綴るのもいいですね。出てきたことばをインスタにアップしてみましょう。たとえ誰かが見たとしても大丈夫。「これが自分」なのですからそのままで行きましょう。

ハッシュタグはつけてもつけなくても自由に行きましょう。自分用だからつけなくてもいいですが、ハッシュタグをつけることで反応を楽しむこともできます。ただし、反応には過剰に反応しないように!あくまですきなものに囲まれる幸せ、自分用ハッピーインスタという目的をキープしておくといいかなと思います。

すでにあることに気づく

好きなものを手に取る、写真をとってやっぱりこれ可愛いな~とニタニタする、そしてほかにも好きなも・お気に入りのものないかなと探すというサイクルを繰り返していく。これは物理的なものに目を向けるところが始まりますが、これを続けていくと、自分のすでに〈あるもの〉に目がいくようになり、〈あるもの〉に目を向ける習慣がつきます。あるものは目に見えるものかもしれないし、目には見えないものかもしれません。大事なことはあるということに気づくこと。このあるに気づけるようになったら、このインスタ更新が止まっているかもしれません。

わたしのプライベートのインスタアカウントはこちら。

german_kosodate よかったら遊びにきてくださいね♡

最後までお読みくださりありがとうございました。わかりにくい表現・ご質問がありましたら、遠慮なく教えていただけると嬉しいです♡ info@yuko-chartier.com まで最後まで